ロゲインのジェネリックAGA治療薬「ミノキシトップ」

2019年09月18日

ミノキシトップは主成分がミノキシジルのロゲインの医薬品です。
ジェネリック医薬品としてリリースされていてもともと高血圧の人のために処方されていた血管拡張剤ですが、副作用に発毛促進が発見されてから発毛促進型育毛剤として販売されました。
ミノキシトップは発毛を促進することができ、成分であるミノキシジルは血管拡張剤などの成分によって発毛促進をサポートすることが可能です。

発毛はもちろん育毛剤にもなるので髪の毛を増やしたり髪の毛が減ることを予防するのに多くの人が利用しています。
ミノキシトップに含まれているミノキシジルには血管を拡張することができ、ミノキシトップは直接頭皮につける液状タイプになっています。

使用方法はミノキシトップを1mlぐらい、朝1回夜1回に使用します。
特に頭頂部から起こる「男性型脱毛症(AGA」)に対して非常に治療効果があり、薄毛治療薬において幅広い世代の人が利用している人気商品です。

ミノキシジルには血管拡張作用があるので頭皮の発毛環境を改善する作用があり、生え際から起こる男性型脱毛症(AGA)に関しても治療効果が期待されています。
ミノキシジルは保険適用外になるので少し値段が高めに感じるかもしれませんが、ミノキシトップはジェネリック医薬品でリリースされているので比較的リーズナブルな価格で購入することが可能です。

男性型脱毛症(AGA)治療にも発毛効果があり、頭皮の血流を増加することにより毛根にある毛母細胞などが活性化することで発毛促進を促進することができます。
更に効果を上げるため毛根に詰まっている皮脂や真菌などをきれいに取り除き、ミノキシトップの成分を直接毛根に作用させることによって発毛効果がアップさせることができるでしょう。
ジェネリック医薬品なので先発医薬品と同じ効果を得ることができ、インターネットにある薬剤サイトなどを利用すると安価で購入することができ着実に育毛することができます。

ロゲインと同じミノキシジルで高い発毛効果が期待

ロゲインはミノキシジルを主成分にしているので育毛効果が期待できる育毛剤です。
日本ではミノキシジルが配合されている有名な育毛剤もありますが、その育毛剤とロゲインはミノキシジルの配合はほぼ同じです。

ミノキシトップはミノキシジルを成分にしたロゲインのジェネリック医薬品になります。
ロゲインにも発毛効果はありますが、ロゲインのジェネリック医薬品であるミノキシトップにも薄毛に対する高い発毛効果が期待できます。
ミノキシトップの成分のミノキシジルは血管拡張作用や発毛促進効果があり、発毛だけではなく育毛剤にもなるので薄毛の悩みがある場合には有効なジェネリック医薬品です。

ミノキシトップ10%は育毛剤として認められているミノキシジルを主成分としたAGAの治療薬です。
ミノキシジルは頭皮の毛乳頭細胞の活性化作用があり、最も効果がある育毛剤としてもAGA治療で高い効果を期待できます。

ミノキシトップはジェネリック医薬品なので個人輸入で手に入れることができます。
使い方は頭皮に直接つけて、朝1回、夜1回薄毛が気になる頭皮に使います。
ミノキシトップを頭皮につけると血管を拡張する効果で頭皮の血流が良くなり、毛根の毛母細胞が活性化し発毛促進を促します。
ミノキシトップを使い始めて2週間程度は脱毛がある可能性がありますが、新しい髪の毛と入れ替わるための現象なので心配はいりません。

ロゲインは主成分をミノキシジルにしたAGA治療薬ですが、保険適用外になるので効果があると分かっていても継続して使うとなると費用が気になります。
ミノキシトップであれば個人輸入の通販を利用することで安く手にいれることができ、費用を気にせずにAGA治療をすることができます。

関連記事
フィナステリドの副作用に「女性化乳房」がある

フィナステリドは薄毛治療薬に含まれている成分で、フィナスステリドにはAGAのつむじやM字などの脱毛を止める効果があります。脱毛が止まることはもちろん髪の毛が太くなったりコシやハリなどが出る効果もあり、新しい健康的な髪の毛を手にすることが可能です。薄毛を引き起こす原因としてDHT(ダイハイドロテストス

2019年10月14日
プロペシアのジェネリック薄毛治療薬「フィンペシア」

「フィンペシア」はインドの大手製薬会社が製造・販売しているフィナステリドを有効成分とするプロペシアのジェネリック薄毛治療薬です。そのため、フィンペシアはプロペシアと作用機序も同じです。2型5α-還元酵素の作用を阻害してAGAの原因となるDHT産生を抑制、皮脂の過剰分泌を抑える作用もあることから脱毛の

2019年07月28日
5α-還元酵素1型と2型の両方ブロック「アボダート」

AGA治療薬としてはプロペシアが有名ですが、その作用としては薄毛などAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあるものです。このDHTは男性ホルモンの一種で、男性ホルモンのテストステロンをもとに5α-還元酵素によって作られています。プロペシアではこの5α-還元酵素の働き

2019年08月14日
アボダートの安価版、ジェネリック薬「デュタゲン」

デュタゲンとは、有効成分デュタステリドを含むAGA治療薬です。アボダートと言う薬は元来、前立腺肥大治療薬として使用されてきた歴史を持っています。グラクソ・スミスクライン社が製造販売しており、日本での商品名はアボルブと言います。前立腺肥大には活性化された男性ホルモンの影響が顕著に見られます。アボダート

2019年08月29日
厚生労働省も認めたAGA治療薬「プロペシア」

プロペシアは、厚生労働省が認可している男性型脱毛症(AGA)の薄毛治療薬です。主成分のフィナステリドがAGAの症状を改善させます。なお、円形脱毛症や老人性脱毛症など、AGA以外の薄毛に対しては効果がありません。プロペシアが日本の厚生労働省から認可を受けるまでには長い時間がかかりました。1997年にア

2019年07月12日
フィナステリドの副作用で子作りができなくなる?

AGAの症状を改善する医薬品として、世界中で使用されているフィナステリドは、AGAの原因であるDHTの発生を抑えるという効果を期待することが出来ます。しかし、フィナステリドは医薬品である以上、副作用もあります。そもそもフィナステリドは、前立腺肥大症の治療に使用されていた薬ですので、ホルモンを調整する

2019年07月01日