薄毛に似合う髪型と危険な髪型

2019年11月10日

最近、いつもと同じ髪型がに合わなくなってきたと感じている方は薄毛になっている可能性があります。
おしゃれに着るものを着ても、決まらなかったり薄毛だけどおしゃれにしたいと感じている方は少なくありません。
しかし、薄毛でも薄い部分を隠そうとしたりすると余計に自分に似合わない髪型になってしまうこともあります。
まず、薄毛の方は短髪にした方が薄毛が目立たなくなると言えます。

長い髪の毛で隠そうとすると、逆に目立つことが多く頭皮や毛根に負担が掛かってしまい育毛ができる環境にはあまり良くありません。
他にも、前髪を立たせるなどの工夫をするとよりおしゃれになる方もいます。
ワックスなどのスタイリング剤を使用することで、ボリュームを付けることができます。
薄毛だから、おしゃれをしても似合わないと思い込まないで自信を持つことも大切です。

また、サイドを刈り上げて縦長のシルエットに見せる髪型もおすすめです。
全体的に、引き締まった印象を与えてくれる髪型のため薄毛の人は似合う方が多い髪型だと言えます。
そして、薄い分け目を隠そうとして坊主にすることも危険だと言えます。

坊主は、強面になる場合が高く愛嬌のある顔でない限りは似合う方も少ない難しい髪型です。
どうしても坊主にしたいと考えている方は自分で判断する前に、美容室や床屋さんで事前に相談をすることが大切です。

このように、薄毛に似合う髪型は薄い部分を隠そうとするのではなく周りとのバランスを上手く調合させることで薄い部分を目立たなくさせることが秘訣でしょう。
髪の毛がたくさん生えている部分を逆に短くすることで、全体とのバランスが上手く整いスタイリッシュに見せてくれると言っても過言ではありません。
育毛法などもたくさんのやり方がありますが、忙しい方ですとなかなか時間が取れません。
髪型を変えるだけで薄毛が気にならなくなるなら、色々な髪型を試してみて自分を変えてみるのも一つの手ではないでしょうか。

毎日同じ分け目だと薄毛になりやすい

薄毛だと髪の毛のボリュームがないので毎日の髪型に頭を悩ませる人も少なくはないでしょう。
特に薄毛を隠している人であればヘアスタイルも大体固定化されてくるものです。
しかし、実はその行為が薄毛を促進している可能性があるということを理解しておく必要があります。

同じ分け目を続けていると、常に同じ部分の頭皮がさらされていることになります。
そこに紫外線のダメージが集中的にあたることによってより薄毛を促進させてしまう場合があります。
一部分だけ極端に髪の毛が薄かったり分け目が目立つという場合には注意が必要です。

また、髪の毛が長い人の場合には牽引性脱毛症になる可能性があります。
これは髪をゴムで束ねることによって髪の毛が引っ張られ、そのダメージによって脱毛症となってしまうことを言います。
このように、少しでも薄毛を目立たないようにしようと工夫していることがかえって逆効果を与えてしまう可能性もあるのです。

似合うか似合わないかだけで髪型を決めていては将来後悔する結果を招いてしまう恐れもあります。
健康的な髪の毛を守るためには、なるべく頭皮にダメージを与えないように気を付ける必要があります。

髪の毛は頭皮を守る役割を果たす大切なものなので、分け目を時々変えたり、髪型も常に同じではなくレパートリーを増やすようにするなどの工夫を行うことが今後の自分のためにもなります。
分け目を変えるようにするというのも薄毛を防ぐためには有効です。
それだけではなく日傘を使って紫外線対策を行うようにしたり、頭皮マッサージをしてケアをしてあげることも効果的です。
髪の毛に守られている部分よりも、頭皮がさらされている分け目の方が薄くなっていきやすいのは確かなので、そこをどうケアしていくかが非常に重要となっていきます。

関連記事
フィナステリドの副作用に「女性化乳房」がある

フィナステリドは薄毛治療薬に含まれている成分で、フィナスステリドにはAGAのつむじやM字などの脱毛を止める効果があります。脱毛が止まることはもちろん髪の毛が太くなったりコシやハリなどが出る効果もあり、新しい健康的な髪の毛を手にすることが可能です。薄毛を引き起こす原因としてDHT(ダイハイドロテストス

2019年10月14日
ロゲインのジェネリックAGA治療薬「ミノキシトップ」

ミノキシトップは主成分がミノキシジルのロゲインの医薬品です。ジェネリック医薬品としてリリースされていてもともと高血圧の人のために処方されていた血管拡張剤ですが、副作用に発毛促進が発見されてから発毛促進型育毛剤として販売されました。ミノキシトップは発毛を促進することができ、成分であるミノキシジルは血管

2019年09月18日
プロペシアのジェネリック薄毛治療薬「フィンペシア」

「フィンペシア」はインドの大手製薬会社が製造・販売しているフィナステリドを有効成分とするプロペシアのジェネリック薄毛治療薬です。そのため、フィンペシアはプロペシアと作用機序も同じです。2型5α-還元酵素の作用を阻害してAGAの原因となるDHT産生を抑制、皮脂の過剰分泌を抑える作用もあることから脱毛の

2019年07月28日
5α-還元酵素1型と2型の両方ブロック「アボダート」

AGA治療薬としてはプロペシアが有名ですが、その作用としては薄毛などAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあるものです。このDHTは男性ホルモンの一種で、男性ホルモンのテストステロンをもとに5α-還元酵素によって作られています。プロペシアではこの5α-還元酵素の働き

2019年08月14日
アボダートの安価版、ジェネリック薬「デュタゲン」

デュタゲンとは、有効成分デュタステリドを含むAGA治療薬です。アボダートと言う薬は元来、前立腺肥大治療薬として使用されてきた歴史を持っています。グラクソ・スミスクライン社が製造販売しており、日本での商品名はアボルブと言います。前立腺肥大には活性化された男性ホルモンの影響が顕著に見られます。アボダート

2019年08月29日
厚生労働省も認めたAGA治療薬「プロペシア」

プロペシアは、厚生労働省が認可している男性型脱毛症(AGA)の薄毛治療薬です。主成分のフィナステリドがAGAの症状を改善させます。なお、円形脱毛症や老人性脱毛症など、AGA以外の薄毛に対しては効果がありません。プロペシアが日本の厚生労働省から認可を受けるまでには長い時間がかかりました。1997年にア

2019年07月12日
フィナステリドの副作用で子作りができなくなる?

AGAの症状を改善する医薬品として、世界中で使用されているフィナステリドは、AGAの原因であるDHTの発生を抑えるという効果を期待することが出来ます。しかし、フィナステリドは医薬品である以上、副作用もあります。そもそもフィナステリドは、前立腺肥大症の治療に使用されていた薬ですので、ホルモンを調整する

2019年07月01日