記事一覧
薄毛に似合う髪型と危険な髪型

最近、いつもと同じ髪型がに合わなくなってきたと感じている方は薄毛になっている可能性があります。 おしゃれに着るものを着ても、決まらなかったり薄毛だけどおしゃれにしたいと感じている方は少なくありません。 しかし、薄毛でも薄い部分を隠そうとしたりすると余計に自分に似合わない髪型になってしまうこともあります。 まず、薄毛の方は短髪にした方が薄毛が目立たなくなると言えます。 長い髪の毛で隠そうとすると、逆に目立つことが多く頭皮や毛根に負担が掛かってしまい育毛ができる環境にはあまり良くありません。 他にも、前髪を立たせるなどの工夫をするとよりおしゃれになる方もいます。 ワックスなどのスタイリング剤を使用することで、ボリュームを付けることができます。 薄毛だから、おしゃれをしても似合わないと思い込まないで自信を持つことも大切です。 また、サイドを刈り上げて縦長のシルエットに見せる髪型もおすすめです。 全体的に、引き締まった印象を与えてくれる髪型のため薄毛の人は似合う方が多い髪型だと言えます。 そして、薄い分け目を隠そうとして坊主にすることも危険だと言えます。 坊主は、強面になる場合が高く愛嬌のある顔でない限りは似合う方も少ない難しい髪型です。 どうしても坊主にしたいと考えている方は自分で判断する前に、美容室や床屋さんで事前に相談をすることが大切です。 このように、薄毛に似合う髪型は薄い部分を隠そうとするのではなく周りとのバランスを上手く調合させることで薄い部分を目立たなくさせることが秘訣でしょう。 髪の毛がたくさん生えている部分を逆に短くすることで、全体とのバランスが上手く整いスタイリッシュに見せてくれると言っても過言ではありません。 育毛法などもたくさんのやり方がありますが、忙しい方ですとなかなか時間が取れません。 髪型を変えるだけで薄毛が気にならなくなるなら、色々な髪型を試してみて自分を変えてみるのも一つの手ではないでしょうか。 毎日同じ分け目だと薄毛になりやすい 薄毛だと髪の毛のボリュームがないので毎日の髪型に頭を悩ませる人も少なくはないでしょう。 特に薄毛を隠している人であればヘアスタイルも大体固定化されてくるものです。 しかし、実はその行為が薄毛を促進している可能性があるということを理解しておく必要があります。 同じ分け目を続けていると、常に同じ部分の頭皮がさらされていることになります。 そこに紫外線のダメージが集中的にあたることによってより薄毛を促進させてしまう場合があります。 一部分だけ極端に髪の毛が薄かったり分け目が目立つという場合には注意が必要です。 また、髪の毛が長い人の場合には牽引性脱毛症になる可能性があります。 これは髪をゴムで束ねることによって髪の毛が引っ張られ、そのダメージによって脱毛症となってしまうことを言います。 このように、少しでも薄毛を目立たないようにしようと工夫していることがかえって逆効果を与えてしまう可能性もあるのです。 似合うか似合わないかだけで髪型を決めていては将来後悔する結果を招いてしまう恐れもあります。 健康的な髪の毛を守るためには、なるべく頭皮にダメージを与えないように気を付ける必要があります。 髪の毛は頭皮を守る役割を果たす大切なものなので、分け目を時々変えたり、髪型も常に同じではなくレパートリーを増やすようにするなどの工夫を行うことが今後の自分のためにもなります。 分け目を変えるようにするというのも薄毛を防ぐためには有効です。 それだけではなく日傘を使って紫外線対策を行うようにしたり、頭皮マッサージをしてケアをしてあげることも効果的です。 髪の毛に守られている部分よりも、頭皮がさらされている分け目の方が薄くなっていきやすいのは確かなので、そこをどうケアしていくかが非常に重要となっていきます。

2019年11月10日
フィナステリドの副作用に「女性化乳房」がある

フィナステリドは薄毛治療薬に含まれている成分で、フィナスステリドにはAGAのつむじやM字などの脱毛を止める効果があります。 脱毛が止まることはもちろん髪の毛が太くなったりコシやハリなどが出る効果もあり、新しい健康的な髪の毛を手にすることが可能です。 薄毛を引き起こす原因としてDHT(ダイハイドロテストステロン)があり、フィナステリドはDHTの生成を抑制することで薄毛の進行を阻止することができます。 皮脂の分泌が減少するという効果もありますが、フィナステリドを服用してから身体が女性化したという男性の声があります。 服用したことにより胸が膨らんだりおっぱいのように大きくなったという人もいるようです。 フィナステリドは副作用が出ることがある医薬品で、製薬会社からも特に胸が女性化する副作用に関して把握しており添付されている文書にはいろいろな副作用が明記されています。 例えば乳房圧痛や乳房肥大、抑うつ症状やめまいなどがあげられ副作用として紹介されています。 乳房肥大が女性化に関係する副作用の一つでしょう。 フィナステリドは男性ホルモンに作用するのでホルモンバランスが乱れるようになります。 男性ホルモンを抑制することから女性ホルモンが増え、結果的に胸が女性化する仕組みです。 男性の胸の女性化は海外でも発症例として報告されていて、胸が女性化する副作用はフィナステリドを飲み始めてから2年~3年ぐらい飲み続けている人に出るようです。 薄毛の治療薬は継続しないと意味がなく、薄毛に効果が現れてきた頃によく起こる副作用で長い時間をかけて女性化していると言えます。 乳房肥大は一般的に実害が少ない副作用で、フィナステリドの服用を中止すると次第に元の状態に戻るでしょう。 人によってはまったく乳房に変化がなかったり、大きくなって服用をやめても1ヵ月ぐらい乳房が大きな人もいます。 ときどきですが胸に痛みを感じる人もいるので、気になるなら医師に相談してみると良いでしょう。 実害は無いものの、見た目が恥ずかしいという方も フィナステリドによる乳房の女性化は、乳房肥大という副作用が頻度不明としながらもしっかりと書かれています。 この副作用が出る可能性があることは、販売元がはっきりと認めているというわけです。 もちろん個人差はあるのですが、フィナステリドを使用していて、乳首に違和感を感じたり胸のあたりに圧迫感や痛みを感じたりすることがあれば、副作用だと疑ったほうがよいでしょう。 フィナステリドは、血中のテストテロンという男性ホルモンが5α-還元酵素の働きでDHTに変換されるのを妨害し、DHTに変換できないようにする働きを持っています。 それによってホルモンバランスが崩れてしまうのですが、フィナステリドは肝臓で代謝されるため肝機能が低下しがちです。 肝機能が低下すると女性ホルモンが増えるため、女性化乳房を発症しやすくなるといえます。 フィナステリドを服用して2~3年経ってからおっぱいの膨らみを感じる人が多く、服用を中止するとしばらくして元に戻るということもあります。 ただ、フィナステリドをやめた後遺症で乳房肥大を感じる人もいます。 基本的には実害の少ない副作用といえますが、胸がAカップ程度になったり見た目が気になって薄着ができない、外出するのが恥ずかしいと感じることがあります。 見た目を気にする人にとっては避けたい症状です。 服用をやめても1か月以上胸が膨らんだままになったり、胸の痛みを感じる、片方の胸だけが肥大化するといったこともあるため、フィナステリドの服用を一旦中止するか、医師に相談することがおすすめです。 誰にでも出る副作用ではありませんが、実際に症状が出る人がいるということは知っておく必要がある情報といえます。

2019年10月14日
ロゲインのジェネリックAGA治療薬「ミノキシトップ」

ミノキシトップは主成分がミノキシジルのロゲインの医薬品です。 ジェネリック医薬品としてリリースされていてもともと高血圧の人のために処方されていた血管拡張剤ですが、副作用に発毛促進が発見されてから発毛促進型育毛剤として販売されました。 ミノキシトップは発毛を促進することができ、成分であるミノキシジルは血管拡張剤などの成分によって発毛促進をサポートすることが可能です。 発毛はもちろん育毛剤にもなるので髪の毛を増やしたり髪の毛が減ることを予防するのに多くの人が利用しています。 ミノキシトップに含まれているミノキシジルには血管を拡張することができ、ミノキシトップは直接頭皮につける液状タイプになっています。 使用方法はミノキシトップを1mlぐらい、朝1回夜1回に使用します。 特に頭頂部から起こる「男性型脱毛症(AGA」)に対して非常に治療効果があり、薄毛治療薬において幅広い世代の人が利用している人気商品です。 ミノキシジルには血管拡張作用があるので頭皮の発毛環境を改善する作用があり、生え際から起こる男性型脱毛症(AGA)に関しても治療効果が期待されています。 ミノキシジルは保険適用外になるので少し値段が高めに感じるかもしれませんが、ミノキシトップはジェネリック医薬品でリリースされているので比較的リーズナブルな価格で購入することが可能です。 男性型脱毛症(AGA)治療にも発毛効果があり、頭皮の血流を増加することにより毛根にある毛母細胞などが活性化することで発毛促進を促進することができます。 更に効果を上げるため毛根に詰まっている皮脂や真菌などをきれいに取り除き、ミノキシトップの成分を直接毛根に作用させることによって発毛効果がアップさせることができるでしょう。 ジェネリック医薬品なので先発医薬品と同じ効果を得ることができ、インターネットにある薬剤サイトなどを利用すると安価で購入することができ着実に育毛することができます。 ロゲインと同じミノキシジルで高い発毛効果が期待 ロゲインはミノキシジルを主成分にしているので育毛効果が期待できる育毛剤です。 日本ではミノキシジルが配合されている有名な育毛剤もありますが、その育毛剤とロゲインはミノキシジルの配合はほぼ同じです。 ミノキシトップはミノキシジルを成分にしたロゲインのジェネリック医薬品になります。 ロゲインにも発毛効果はありますが、ロゲインのジェネリック医薬品であるミノキシトップにも薄毛に対する高い発毛効果が期待できます。 ミノキシトップの成分のミノキシジルは血管拡張作用や発毛促進効果があり、発毛だけではなく育毛剤にもなるので薄毛の悩みがある場合には有効なジェネリック医薬品です。 ミノキシトップ10%は育毛剤として認められているミノキシジルを主成分としたAGAの治療薬です。 ミノキシジルは頭皮の毛乳頭細胞の活性化作用があり、最も効果がある育毛剤としてもAGA治療で高い効果を期待できます。 ミノキシトップはジェネリック医薬品なので個人輸入で手に入れることができます。 使い方は頭皮に直接つけて、朝1回、夜1回薄毛が気になる頭皮に使います。 ミノキシトップを頭皮につけると血管を拡張する効果で頭皮の血流が良くなり、毛根の毛母細胞が活性化し発毛促進を促します。 ミノキシトップを使い始めて2週間程度は脱毛がある可能性がありますが、新しい髪の毛と入れ替わるための現象なので心配はいりません。 ロゲインは主成分をミノキシジルにしたAGA治療薬ですが、保険適用外になるので効果があると分かっていても継続して使うとなると費用が気になります。 ミノキシトップであれば個人輸入の通販を利用することで安く手にいれることができ、費用を気にせずにAGA治療をすることができます。

2019年09月18日
アボダートの安価版、ジェネリック薬「デュタゲン」

デュタゲンとは、有効成分デュタステリドを含むAGA治療薬です。 アボダートと言う薬は元来、前立腺肥大治療薬として使用されてきた歴史を持っています。 グラクソ・スミスクライン社が製造販売しており、日本での商品名はアボルブと言います。 前立腺肥大には活性化された男性ホルモンの影響が顕著に見られます。 アボダートはこの男性ホルモンの活性を奪うことで前立腺肥大を縮小させる治療効果を見込んで、長らく臨床現場で使用されてきました。 ところでAGA(男性型脱毛症)も同様に男性ホルモンの影響が毛根や頭皮に波及することが原因で、男性の薄毛をもたらすと考えられます。 つまりAGAと前立腺肥大の病気発症のメカニズムには共通点が多いことから、AGA治療薬としても使用がされるに至ったと言う訳です。 しかしアボダートは前立腺肥大治療薬に適用が認められた医薬品であるため、そのままAGA治療に使用することは出来ません。 そこでアボダートのジェネリックとしてデュタゲンが、AGA治療で使用されるようになりました。 デュタゲンは服用する飲み薬のタイプで従来のAGA治療薬と同じです。 ただデュタゲンが優れているのは、従来のAGA治療薬では効果を期待できない症例においても、効果を期待できることにあるのです。 男性の脱毛には活性化された男性ホルモンが影響するのですが、この活性を促すのが還元酵素5αリダクターゼです。 5αリダクターゼには1型と2型の2種類があります。 この還元酵素により活性化された男性ホルモンが、毛根に分布する受容体と結合することで、ヘアサイクルが乱れ脱毛につながります。 デュタゲンに含まれるデュタステリドは療法の型の還元酵素の働きを阻害するので、一層高い薄毛症状の改善を期待できるわけです。 さらにデュタゲンのメリットとしては、薄毛症状改善の為に抜け毛減少効果に止まらず、発毛効果も期待出来るという点にあります。 発毛効果も見込める点で、一歩踏み込んだ男性の薄毛治療を可能にすると評価できるのです。 アボダートと同じ成分、効果!ジュネリックなので安い デュタゲンとは、前立腺肥大症・AGA(男性型脱毛症)の治療薬として効果的なアボルブ(アボダート)のジェネリック医薬品のことを指します。 製造・販売はインドのランバクシーという製薬会社で、2008年に日本の製薬会社である第一三共により買収されたことで話題になりました。 デュタゲンは、年齢問わずに発症する男性の薄毛や脱毛を抑制し、育毛・発毛の環境を整えてくれます。 このような疾患は自然治療が難しく、治療を行わずに放置しておくとどんどん症状が進行してしまいます。 しかし、薬を服用すればいいというわけではなく、効果・効能を把握した上で自分に合った治療薬を服用することが重要となります。 AGA治療薬には様々な種類がありますが、その中でも効果が高いと人気なのがアボルブのジェネリック医薬品であるデュタゲンです。 デュタゲンの有効成分デュタステリドには脱毛症の進行を抑える作用があり、前立腺肥大症にも効果を発揮します。 ジェネリック医薬品なので、先発医薬品のアボルブよりも安く購入できることが大きなメリットです。 アボルブのジェネリック医薬品であるデュタゲンは前立腺肥大症を治療する目的で開発されたものです。 男性の薄毛や脱毛症の進行を抑制する効果が認められた為、AGA治療薬として用いられるようになりました。 使用方法は簡単で、男性成人であれば0.5mgを1日1回服用するだけです。 長期的に継続して服用することで効果を発揮するので、途中で服用を止めてしまうと正しい効果は得られないので注意が必要となります。 デュタゲンは日本では認可されていない治療薬ですから、医療機関では購入することができません。 そのため、個人輸入代行やネット通販で購入する必要があります。 アボルブと同じ成分が同じ量配合されているジェネリック医薬品なので、今後ますます人気を集めることが予測されます。

2019年08月29日
5α-還元酵素1型と2型の両方ブロック「アボダート」

AGA治療薬としてはプロペシアが有名ですが、その作用としては薄毛などAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあるものです。 このDHTは男性ホルモンの一種で、男性ホルモンのテストステロンをもとに5α-還元酵素によって作られています。 プロペシアではこの5α-還元酵素の働きを阻害し、これによってDHTの生成量を減らすというものです。 効果としては抜け毛の原因を取り除くもので発毛や育毛の効果はありません。 AGAの原因を取り除くことで多くの場合には進行を食い止め、さらに頭皮環境の正常化によって毛が生えてきます。 そのようなプロペシアと同じような働きをする成分は多数開発されており、そのひとつがアボダートです。 アボダートは同じくAGA治療薬で有名なザガーロと同じメーカーが生産しているもので、有効成分にはデュタステリドが使われています。 プロペシアに含まれる成分のフィナステリドは5α-還元酵素でも2型にしか作用しないのに対し、アボダートなどに使われているデュタステリドは1型と2型の両方の5α-還元酵素に作用し、より効果的にDHTの生成を阻害することができます。 アボダードはイギリスで生まれた前立腺肥大の治療薬ですが、日本でも2009年に承認を受けて販売されていますが、日本ではアボルブの名称で販売されています。 このためアボダートを日本のAGAクリニックで処方されることはなくデュタステリドが含まれるAGA治療薬はザガーロかアボルブのどちらかになります。 またアボルブは前立腺肥大の治療薬として承認されているのでAGA治療を目的とした場合にはザガーロが処方されます。 いずれの場合も医師の処方箋薬であるため薬局やドラッグストアで気軽に購入できるものではありません。 デュタステリドを使用すればプロペシアで効果が得られなかった人も薄毛進行を止めるといった効果が得られる場合があります。 5αリダクターゼ1型にも効果、プロペシアよりも強力 AGAを体の内側から改善させる医薬品として広く使われているのが、プロペシアです。 プロペシアは日本だけではなく、世界中で使われている発毛効果を得ることが出来ると期待されるものです。 個人差はあるものの、1年程度継続して服用し続けることで、効果を得ることが出来るとされています。 しかし、中にはプロペシアを服用しても効果を実感することが出来ないという人もいます。 そのような人におすすめなのがアボダートです。 そもそもAGAの原因は男性ホルモンと5α-還元酵素という酵素が結び付き発生するジヒドロテストステロンというものです。 5α-還元酵素には1型と2型がありますが、発生する頭皮の場所に違いがあります。 1型は側頭部と後頭部、2型は前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に発生するものです。 プロペシアには2型5α-還元酵素を抑える効果はありますが、1型については作用しないという欠点がありました。 しかし、アボダートであれば1型・2型5α-還元酵素に作用し、発生を抑えることが出来ますので、プロペシアよりも高い発毛効果を得ることが出来ます。 ある調査・研究によるとその効果は約1.5倍という結果であったと報告されています。 プロペシアをはじめとする様々な治療を受けても効果を得ることが出来なかったという人は使用を検討してみても良いでしょう。 なお、日本では前立腺肥大の治療薬としての承認を受けており、その時の名前はアボルブです。 あくまでも前立腺肥大の治療薬ですので、薄毛や抜け毛、育毛を目的とした治療では処方はされません。 アボダートの有効成分であるデュタステリドが含まれている治療薬として、ザガーロやアボルブがあり、AGA治療にはザガーロが処方されます。 医師の診察が必要ですので、薬局などでは購入することが出来ませんので、注意が必要でしょう。

2019年08月14日
プロペシアのジェネリック薄毛治療薬「フィンペシア」

「フィンペシア」はインドの大手製薬会社が製造・販売しているフィナステリドを有効成分とするプロペシアのジェネリック薄毛治療薬です。 そのため、フィンペシアはプロペシアと作用機序も同じです。 2型5α-還元酵素の作用を阻害してAGAの原因となるDHT産生を抑制、皮脂の過剰分泌を抑える作用もあることから脱毛の抑制・ヘアサイクルの改善効果がありAGAの進行遅延が望める内服治療薬です。 プロペシアは国内で安全性・有効性が承認されているAGA治療薬です。 1日1錠を毎日服用で6ヶ月以降に90%の方が効果を実感、1年以上で軽度以上の改善が58%などその効果が臨床試験により実証されています。 フィンペシアもプロペシアと同様の有効成分の内服治療薬なのでほとんど変わらない効果が期待できます。 そして、フィンペシアはプロペシアよりも圧倒的にコストを抑えられるのが特徴です。 プロペシアと比較すると10分の1程度まで費用が抑えられるのでメリットが多いAGA治療薬です。 しかし、フィンペシアはプロペシアと違って国内での製造・販売が承認されていない医薬品です。 国内では正規ルートがないため個人輸入代行サイトを介して購入するしか方法がありません。 個人輸入でプロペシアと同様の効果が期待できるフィンペシアを低コストで購入する事ができればいいことずくめのように感じるかもしれません。 しかし、個人輸入の場合は正規品ではない偽造品が多く出回っているため注意しておかなければなりません。 また、他の育毛剤との併用が可能かどうかについてですが、フィンペシアとの併用は特に問題はないと認識されています。 特に作用機序が異なるAGA治療薬である血管拡張薬との併用により高い発毛・育毛効果が期待できます。 安いフィンペシアで薄毛改善をしてみるとよろしいです。 ただ、1日2錠服用したからといって効果も倍増するわけではないので用法・用量を守って服用することが大切です。 プロペシアと同じく女性や子供は服用禁止、服用中止から1ヶ月経たないと献血が不可能などといった注意事項がある内服治療薬なので細心の注意が必要です。 ジェネリック薬なのでプロペシアよりも安く購入できる さて、フィンペシアの最大の魅力は価格の安さです。 なぜフィンペシアがプロペシアよりも圧倒的に安い価格で販売されるかというと、ジェネリック薬であるからという一点につきます。 ジェネリック薬というのは、特許権の切れた医薬品を、同じ有効成分を使って再現したものです。 特許申請は発明者にしてみれば一長一短の制度となっており、特許権を取得することで、その発明を利用した製品を独占的に製造・販売することができます。 その代わりに発明の仕組みや内容を特許公報に掲載され、重要部分をすべて公開することになります。 プロペシアであれば、有効成分がフィナステリドであるという事実が特許公報の中で明らかにされています。 特許権の効力には、原則として最大で20年、医薬品であっても最大で25年という期間が定められており、それを超えた発明は誰でも自由に使えるものとなってしまいます。 そのため、ジェネリック医薬品を販売する業者は、医薬品の発明に係るコストを要さず、製造コストのみの負担で薬品の製造を図ることができます。 一般に、医薬品の発明には莫大な費用がかかります。 マウスの臨床試験に始まり、最終的に人間による治験に移るまでには数十年を要することもあります。 だからこそ特許権は医薬品に限って最大25年間に期間を延長するなどの手厚い保護を与えているわけですが、その期間が満了してしまうと、ジェネリック医薬品の圧倒的な安さが大きな武器となります。 配合された有効成分が全く同じわけですから、薄毛治療に対する育毛効果に変わるところはありません。 服用するだけで薄毛に対する治療薬となるという育毛剤としての効果も、長年の臨床試験によって実証されたものをそのまま利用することができてしまうわけです。 そのため、フィンペシアはプロペシアの10分の1程度の価格で購入することができ、非常に低コストで薄毛治療を図ることができる手段となります。

2019年07月28日
厚生労働省も認めたAGA治療薬「プロペシア」

プロペシアは、厚生労働省が認可している男性型脱毛症(AGA)の薄毛治療薬です。 主成分のフィナステリドがAGAの症状を改善させます。 なお、円形脱毛症や老人性脱毛症など、AGA以外の薄毛に対しては効果がありません。 プロペシアが日本の厚生労働省から認可を受けるまでには長い時間がかかりました。 1997年にアメリカ食品医薬品局(FDA)がフィナステリドをAGAの治療薬として認定しました。 その後、2005年に日本で承認される事になるのですが、アメリカでの承認から8年もかかっています。 なぜなら、日本国内で血液製剤HIV感染等の薬害訴訟が頻発された事や薄毛は生命や健康を害さないため医薬品に該当されていなかったなどの理由があったからです。 それから2年後、万有製薬が日本製プロペシアの販売権利を得て、2007年に日本全国の医療機関で処方されるようになりました。 厚生労働省は、プロペシアを正規の医薬品として認めています。 さらに、医薬品特例として医師処方がなくても入手出来る海外医薬品だと認定もしています。 医薬品は厳しい検査を合格しなければ流通出来ない物なので、プロペシアの安全性は高いと言えるでしょう。 プロペシアは市販されていない医薬品なので、AGAを専門で治療している医療機関で処方してもらう必要があります。 なお、厚生労働省は個人輸入などで入手する事を認めていますが、偽造品を手にしたり医師のアドバイスを受けられないなどのリスクがあるので避けるべきでしょう。 プロペシアを服用出来るのは男性のみなので、注意が必要です。 厚生労働省は、使用者に対して女性と子供の使用を禁止するよう注意喚起しています。 また、妊娠中の女性に対してはさらなる注意が必要です。 使用してはいけないだけではなく、砕けたり割れたりした錠剤を触れてもいけません。 もし、男の子を妊娠している女性の体内に錠剤の成分が入ったり皮膚に付着して吸収されてしまったら、その男の子の生殖器に異常を起こすおそれがあります。 1年服用で個人差がありますが98%の確率で効果あり! 薄毛を改善したいという場合、プロペシアという治療薬を服用すると良いでしょう。 これはフィナステリドを主成分とするAGA治療薬であり、世界中で使用されています。 AGAは男性ホルモンであるテストステロンが体内で酵素と結合し、DHTという物質に変化することで発生する症状です。 プロペシアの有効成分であるフィナステリドは酵素に働きかける効果がありますし、DHTの生成を阻害することでAGAを治療できると言われています。 プロペシアの効果は科学的に認められており、実際に多くの人の薄毛を改善しています。 効果の出方には個人差もありますが、1年間服用することでかなりの効果が期待できます。 継続することでさらに効果がアップしますし、現状を維持する効果もあるそうです。 20歳未満の人が飲んだ場合についての安全性は保証されていませんし、効果についても分かっていません。 成人している男性のみが服用できる薬であり、未成年で薄毛に悩んでいる場合は他の方法を選択する必要があります。 逆に50代以上の人が服用した場合も若い人と同じような効果が得られるとは限らないので注意しましょう。 フィナステリドを飲んでも薄毛を完全に止められるわけではありません。 しかし、服用していない場合よりも薄毛の進行を遅らせることができますし、若々しい印象をキープしたいという人にはおすすめの薬となっています。 この薬は男性にしか処方されないようになっています。 なぜなら女性の薄毛は男性とは原因が異なっており、フィナステリドを飲んでも改善できないという理由があるためです。 また、妊娠している場合は胎児の外性器に悪影響を及ぼす可能性もありますので、妊娠中の女性や妊娠を考えている女性は服用してはいけません。 成分は皮膚からも吸収されるため、薬に触れるのも避けましょう。

2019年07月12日
フィナステリドの副作用で子作りができなくなる?

AGAの症状を改善する医薬品として、世界中で使用されているフィナステリドは、AGAの原因であるDHTの発生を抑えるという効果を期待することが出来ます。 しかし、フィナステリドは医薬品である以上、副作用もあります。 そもそもフィナステリドは、前立腺肥大症の治療に使用されていた薬ですので、ホルモンを調整する働きがあります。 そのため、性機能が不安定になるという副作用が報告されています。 フィナステリドを服用することにより起こりうる副作用としては、性欲減退・勃起不全・精子減少・精子の無色化うつなどが挙げられます。 これらの発症率は最も高い性欲減退で1.8%ほど、最も低いうつは1.0%程度です。 決して高くはありませんが、誰にでも起こる可能性はあります。 AGAの治療薬を服用することで現れる精子の異常については、服用を中止することで自然に改善するとも言われています。 子作りを考えているという場合には、その間は一旦服用を中止することをおすすめします。 ただし、服用を中止したからと言って、薬の成分がすぐに体から抜けるわけではありません。 薬の成分が抜けるまでは最低でも1ヶ月ほどかかるとされています。数ヶ月間は休薬期間を設けると良いでしょう。 また、妊娠中の女性がフィナステリドを服用もしくは薬剤に触れた場合には、男性胎児の生殖器等の発育に影響を及ぼす可能性がありますので、注意が必要です。 皮膚からも薬剤が吸収される可能性がありますので、触らないようにしましょう。 勃起不全などの可能性はありますが、発症率は低い フィナステリドでAGA治療が可能になり薄毛の悩みも解消することが期待できますが、フィナステリドには副作用があります。 フィナステリドの副作用として知られているのは性欲減退、勃起不全、精子減少や無色化、うつ、肝機能への障害などがあります。 副作用はあるもののその発症率は低いもので、性欲減退などの副作用の発症率は2%を切るほどなので副作用を引き起こす可能性は高くありません。 フィナステリドによる副作用はあるものの、科学的な根拠は低く発症率も低いものなので用法や用量を守って服用するのであれば心配することはありませんが、服用に注意をする必要がある場合はあります。 男性でフィナステリドを飲むことで男性の精子減少などの影響がある可能性はありますが、服用を中止することで精子の量は戻り運動性などには異常はありません。 服用により精子がゼロになるということはないので子作りすることは問題ないのですが、妊娠することを懸命に取り組むことはお勧めはできません。 フィナステリドの男性ホルモンを抑制効果が影響し精子が減少するだけではなく無色化することもあります。 女性がフィナステリドを飲むことは避けるべきことで、女性が服用することでホルモンバランスを乱すことが考えられます。 さらに子供や女性は触れることも避けることが必要で、薬に触れることで皮膚から吸収される可能性もあります。 妊娠を希望している時や妊娠している場合のフィナステリドはホルモンバランスを乱すだけではなく胎児にも影響を与えるリスクがあります。 特に胎児が男性であれば生殖器官が正常に発育しないことも考えられます。 男性がフィナステリドを飲んで精液に成分が移行する量は大変少ないものですが、移行する可能性はあります。 健康な子供を女性が出産するために妊娠を希望するなら服用は一旦中止する必要はあります。 また服用を中止しても短期間で元の状態に戻るということでもないので、早めに中断することが必要です。

2019年07月01日