Month: July 2019
プロペシアのジェネリック薄毛治療薬「フィンペシア」

「フィンペシア」はインドの大手製薬会社が製造・販売しているフィナステリドを有効成分とするプロペシアのジェネリック薄毛治療薬です。 そのため、フィンペシアはプロペシアと作用機序も同じです。 2型5α-還元酵素の作用を阻害してAGAの原因となるDHT産生を抑制、皮脂の過剰分泌を抑える作用もあることから脱毛の抑制・ヘアサイクルの改善効果がありAGAの進行遅延が望める内服治療薬です。 プロペシアは国内で安全性・有効性が承認されているAGA治療薬です。 1日1錠を毎日服用で6ヶ月以降に90%の方が効果を実感、1年以上で軽度以上の改善が58%などその効果が臨床試験により実証されています。 フィンペシアもプロペシアと同様の有効成分の内服治療薬なのでほとんど変わらない効果が期待できます。 そして、フィンペシアはプロペシアよりも圧倒的にコストを抑えられるのが特徴です。 プロペシアと比較すると10分の1程度まで費用が抑えられるのでメリットが多いAGA治療薬です。 しかし、フィンペシアはプロペシアと違って国内での製造・販売が承認されていない医薬品です。 国内では正規ルートがないため個人輸入代行サイトを介して購入するしか方法がありません。 個人輸入でプロペシアと同様の効果が期待できるフィンペシアを低コストで購入する事ができればいいことずくめのように感じるかもしれません。 しかし、個人輸入の場合は正規品ではない偽造品が多く出回っているため注意しておかなければなりません。 また、他の育毛剤との併用が可能かどうかについてですが、フィンペシアとの併用は特に問題はないと認識されています。 特に作用機序が異なるAGA治療薬である血管拡張薬との併用により高い発毛・育毛効果が期待できます。 安いフィンペシアで薄毛改善をしてみるとよろしいです。 ただ、1日2錠服用したからといって効果も倍増するわけではないので用法・用量を守って服用することが大切です。 プロペシアと同じく女性や子供は服用禁止、服用中止から1ヶ月経たないと献血が不可能などといった注意事項がある内服治療薬なので細心の注意が必要です。 ジェネリック薬なのでプロペシアよりも安く購入できる さて、フィンペシアの最大の魅力は価格の安さです。 なぜフィンペシアがプロペシアよりも圧倒的に安い価格で販売されるかというと、ジェネリック薬であるからという一点につきます。 ジェネリック薬というのは、特許権の切れた医薬品を、同じ有効成分を使って再現したものです。 特許申請は発明者にしてみれば一長一短の制度となっており、特許権を取得することで、その発明を利用した製品を独占的に製造・販売することができます。 その代わりに発明の仕組みや内容を特許公報に掲載され、重要部分をすべて公開することになります。 プロペシアであれば、有効成分がフィナステリドであるという事実が特許公報の中で明らかにされています。 特許権の効力には、原則として最大で20年、医薬品であっても最大で25年という期間が定められており、それを超えた発明は誰でも自由に使えるものとなってしまいます。 そのため、ジェネリック医薬品を販売する業者は、医薬品の発明に係るコストを要さず、製造コストのみの負担で薬品の製造を図ることができます。 一般に、医薬品の発明には莫大な費用がかかります。 マウスの臨床試験に始まり、最終的に人間による治験に移るまでには数十年を要することもあります。 だからこそ特許権は医薬品に限って最大25年間に期間を延長するなどの手厚い保護を与えているわけですが、その期間が満了してしまうと、ジェネリック医薬品の圧倒的な安さが大きな武器となります。 配合された有効成分が全く同じわけですから、薄毛治療に対する育毛効果に変わるところはありません。 服用するだけで薄毛に対する治療薬となるという育毛剤としての効果も、長年の臨床試験によって実証されたものをそのまま利用することができてしまうわけです。 そのため、フィンペシアはプロペシアの10分の1程度の価格で購入することができ、非常に低コストで薄毛治療を図ることができる手段となります。

2019年07月28日
厚生労働省も認めたAGA治療薬「プロペシア」

プロペシアは、厚生労働省が認可している男性型脱毛症(AGA)の薄毛治療薬です。 主成分のフィナステリドがAGAの症状を改善させます。 なお、円形脱毛症や老人性脱毛症など、AGA以外の薄毛に対しては効果がありません。 プロペシアが日本の厚生労働省から認可を受けるまでには長い時間がかかりました。 1997年にアメリカ食品医薬品局(FDA)がフィナステリドをAGAの治療薬として認定しました。 その後、2005年に日本で承認される事になるのですが、アメリカでの承認から8年もかかっています。 なぜなら、日本国内で血液製剤HIV感染等の薬害訴訟が頻発された事や薄毛は生命や健康を害さないため医薬品に該当されていなかったなどの理由があったからです。 それから2年後、万有製薬が日本製プロペシアの販売権利を得て、2007年に日本全国の医療機関で処方されるようになりました。 厚生労働省は、プロペシアを正規の医薬品として認めています。 さらに、医薬品特例として医師処方がなくても入手出来る海外医薬品だと認定もしています。 医薬品は厳しい検査を合格しなければ流通出来ない物なので、プロペシアの安全性は高いと言えるでしょう。 プロペシアは市販されていない医薬品なので、AGAを専門で治療している医療機関で処方してもらう必要があります。 なお、厚生労働省は個人輸入などで入手する事を認めていますが、偽造品を手にしたり医師のアドバイスを受けられないなどのリスクがあるので避けるべきでしょう。 プロペシアを服用出来るのは男性のみなので、注意が必要です。 厚生労働省は、使用者に対して女性と子供の使用を禁止するよう注意喚起しています。 また、妊娠中の女性に対してはさらなる注意が必要です。 使用してはいけないだけではなく、砕けたり割れたりした錠剤を触れてもいけません。 もし、男の子を妊娠している女性の体内に錠剤の成分が入ったり皮膚に付着して吸収されてしまったら、その男の子の生殖器に異常を起こすおそれがあります。 1年服用で個人差がありますが98%の確率で効果あり! 薄毛を改善したいという場合、プロペシアという治療薬を服用すると良いでしょう。 これはフィナステリドを主成分とするAGA治療薬であり、世界中で使用されています。 AGAは男性ホルモンであるテストステロンが体内で酵素と結合し、DHTという物質に変化することで発生する症状です。 プロペシアの有効成分であるフィナステリドは酵素に働きかける効果がありますし、DHTの生成を阻害することでAGAを治療できると言われています。 プロペシアの効果は科学的に認められており、実際に多くの人の薄毛を改善しています。 効果の出方には個人差もありますが、1年間服用することでかなりの効果が期待できます。 継続することでさらに効果がアップしますし、現状を維持する効果もあるそうです。 20歳未満の人が飲んだ場合についての安全性は保証されていませんし、効果についても分かっていません。 成人している男性のみが服用できる薬であり、未成年で薄毛に悩んでいる場合は他の方法を選択する必要があります。 逆に50代以上の人が服用した場合も若い人と同じような効果が得られるとは限らないので注意しましょう。 フィナステリドを飲んでも薄毛を完全に止められるわけではありません。 しかし、服用していない場合よりも薄毛の進行を遅らせることができますし、若々しい印象をキープしたいという人にはおすすめの薬となっています。 この薬は男性にしか処方されないようになっています。 なぜなら女性の薄毛は男性とは原因が異なっており、フィナステリドを飲んでも改善できないという理由があるためです。 また、妊娠している場合は胎児の外性器に悪影響を及ぼす可能性もありますので、妊娠中の女性や妊娠を考えている女性は服用してはいけません。 成分は皮膚からも吸収されるため、薬に触れるのも避けましょう。

2019年07月12日
フィナステリドの副作用で子作りができなくなる?

AGAの症状を改善する医薬品として、世界中で使用されているフィナステリドは、AGAの原因であるDHTの発生を抑えるという効果を期待することが出来ます。 しかし、フィナステリドは医薬品である以上、副作用もあります。 そもそもフィナステリドは、前立腺肥大症の治療に使用されていた薬ですので、ホルモンを調整する働きがあります。 そのため、性機能が不安定になるという副作用が報告されています。 フィナステリドを服用することにより起こりうる副作用としては、性欲減退・勃起不全・精子減少・精子の無色化うつなどが挙げられます。 これらの発症率は最も高い性欲減退で1.8%ほど、最も低いうつは1.0%程度です。 決して高くはありませんが、誰にでも起こる可能性はあります。 AGAの治療薬を服用することで現れる精子の異常については、服用を中止することで自然に改善するとも言われています。 子作りを考えているという場合には、その間は一旦服用を中止することをおすすめします。 ただし、服用を中止したからと言って、薬の成分がすぐに体から抜けるわけではありません。 薬の成分が抜けるまでは最低でも1ヶ月ほどかかるとされています。数ヶ月間は休薬期間を設けると良いでしょう。 また、妊娠中の女性がフィナステリドを服用もしくは薬剤に触れた場合には、男性胎児の生殖器等の発育に影響を及ぼす可能性がありますので、注意が必要です。 皮膚からも薬剤が吸収される可能性がありますので、触らないようにしましょう。 勃起不全などの可能性はありますが、発症率は低い フィナステリドでAGA治療が可能になり薄毛の悩みも解消することが期待できますが、フィナステリドには副作用があります。 フィナステリドの副作用として知られているのは性欲減退、勃起不全、精子減少や無色化、うつ、肝機能への障害などがあります。 副作用はあるもののその発症率は低いもので、性欲減退などの副作用の発症率は2%を切るほどなので副作用を引き起こす可能性は高くありません。 フィナステリドによる副作用はあるものの、科学的な根拠は低く発症率も低いものなので用法や用量を守って服用するのであれば心配することはありませんが、服用に注意をする必要がある場合はあります。 男性でフィナステリドを飲むことで男性の精子減少などの影響がある可能性はありますが、服用を中止することで精子の量は戻り運動性などには異常はありません。 服用により精子がゼロになるということはないので子作りすることは問題ないのですが、妊娠することを懸命に取り組むことはお勧めはできません。 フィナステリドの男性ホルモンを抑制効果が影響し精子が減少するだけではなく無色化することもあります。 女性がフィナステリドを飲むことは避けるべきことで、女性が服用することでホルモンバランスを乱すことが考えられます。 さらに子供や女性は触れることも避けることが必要で、薬に触れることで皮膚から吸収される可能性もあります。 妊娠を希望している時や妊娠している場合のフィナステリドはホルモンバランスを乱すだけではなく胎児にも影響を与えるリスクがあります。 特に胎児が男性であれば生殖器官が正常に発育しないことも考えられます。 男性がフィナステリドを飲んで精液に成分が移行する量は大変少ないものですが、移行する可能性はあります。 健康な子供を女性が出産するために妊娠を希望するなら服用は一旦中止する必要はあります。 また服用を中止しても短期間で元の状態に戻るということでもないので、早めに中断することが必要です。

2019年07月01日