Month: August 2019
アボダートの安価版、ジェネリック薬「デュタゲン」

デュタゲンとは、有効成分デュタステリドを含むAGA治療薬です。 アボダートと言う薬は元来、前立腺肥大治療薬として使用されてきた歴史を持っています。 グラクソ・スミスクライン社が製造販売しており、日本での商品名はアボルブと言います。 前立腺肥大には活性化された男性ホルモンの影響が顕著に見られます。 アボダートはこの男性ホルモンの活性を奪うことで前立腺肥大を縮小させる治療効果を見込んで、長らく臨床現場で使用されてきました。 ところでAGA(男性型脱毛症)も同様に男性ホルモンの影響が毛根や頭皮に波及することが原因で、男性の薄毛をもたらすと考えられます。 つまりAGAと前立腺肥大の病気発症のメカニズムには共通点が多いことから、AGA治療薬としても使用がされるに至ったと言う訳です。 しかしアボダートは前立腺肥大治療薬に適用が認められた医薬品であるため、そのままAGA治療に使用することは出来ません。 そこでアボダートのジェネリックとしてデュタゲンが、AGA治療で使用されるようになりました。 デュタゲンは服用する飲み薬のタイプで従来のAGA治療薬と同じです。 ただデュタゲンが優れているのは、従来のAGA治療薬では効果を期待できない症例においても、効果を期待できることにあるのです。 男性の脱毛には活性化された男性ホルモンが影響するのですが、この活性を促すのが還元酵素5αリダクターゼです。 5αリダクターゼには1型と2型の2種類があります。 この還元酵素により活性化された男性ホルモンが、毛根に分布する受容体と結合することで、ヘアサイクルが乱れ脱毛につながります。 デュタゲンに含まれるデュタステリドは療法の型の還元酵素の働きを阻害するので、一層高い薄毛症状の改善を期待できるわけです。 さらにデュタゲンのメリットとしては、薄毛症状改善の為に抜け毛減少効果に止まらず、発毛効果も期待出来るという点にあります。 発毛効果も見込める点で、一歩踏み込んだ男性の薄毛治療を可能にすると評価できるのです。 アボダートと同じ成分、効果!ジュネリックなので安い デュタゲンとは、前立腺肥大症・AGA(男性型脱毛症)の治療薬として効果的なアボルブ(アボダート)のジェネリック医薬品のことを指します。 製造・販売はインドのランバクシーという製薬会社で、2008年に日本の製薬会社である第一三共により買収されたことで話題になりました。 デュタゲンは、年齢問わずに発症する男性の薄毛や脱毛を抑制し、育毛・発毛の環境を整えてくれます。 このような疾患は自然治療が難しく、治療を行わずに放置しておくとどんどん症状が進行してしまいます。 しかし、薬を服用すればいいというわけではなく、効果・効能を把握した上で自分に合った治療薬を服用することが重要となります。 AGA治療薬には様々な種類がありますが、その中でも効果が高いと人気なのがアボルブのジェネリック医薬品であるデュタゲンです。 デュタゲンの有効成分デュタステリドには脱毛症の進行を抑える作用があり、前立腺肥大症にも効果を発揮します。 ジェネリック医薬品なので、先発医薬品のアボルブよりも安く購入できることが大きなメリットです。 アボルブのジェネリック医薬品であるデュタゲンは前立腺肥大症を治療する目的で開発されたものです。 男性の薄毛や脱毛症の進行を抑制する効果が認められた為、AGA治療薬として用いられるようになりました。 使用方法は簡単で、男性成人であれば0.5mgを1日1回服用するだけです。 長期的に継続して服用することで効果を発揮するので、途中で服用を止めてしまうと正しい効果は得られないので注意が必要となります。 デュタゲンは日本では認可されていない治療薬ですから、医療機関では購入することができません。 そのため、個人輸入代行やネット通販で購入する必要があります。 アボルブと同じ成分が同じ量配合されているジェネリック医薬品なので、今後ますます人気を集めることが予測されます。

2019年08月29日
5α-還元酵素1型と2型の両方ブロック「アボダート」

AGA治療薬としてはプロペシアが有名ですが、その作用としては薄毛などAGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあるものです。 このDHTは男性ホルモンの一種で、男性ホルモンのテストステロンをもとに5α-還元酵素によって作られています。 プロペシアではこの5α-還元酵素の働きを阻害し、これによってDHTの生成量を減らすというものです。 効果としては抜け毛の原因を取り除くもので発毛や育毛の効果はありません。 AGAの原因を取り除くことで多くの場合には進行を食い止め、さらに頭皮環境の正常化によって毛が生えてきます。 そのようなプロペシアと同じような働きをする成分は多数開発されており、そのひとつがアボダートです。 アボダートは同じくAGA治療薬で有名なザガーロと同じメーカーが生産しているもので、有効成分にはデュタステリドが使われています。 プロペシアに含まれる成分のフィナステリドは5α-還元酵素でも2型にしか作用しないのに対し、アボダートなどに使われているデュタステリドは1型と2型の両方の5α-還元酵素に作用し、より効果的にDHTの生成を阻害することができます。 アボダードはイギリスで生まれた前立腺肥大の治療薬ですが、日本でも2009年に承認を受けて販売されていますが、日本ではアボルブの名称で販売されています。 このためアボダートを日本のAGAクリニックで処方されることはなくデュタステリドが含まれるAGA治療薬はザガーロかアボルブのどちらかになります。 またアボルブは前立腺肥大の治療薬として承認されているのでAGA治療を目的とした場合にはザガーロが処方されます。 いずれの場合も医師の処方箋薬であるため薬局やドラッグストアで気軽に購入できるものではありません。 デュタステリドを使用すればプロペシアで効果が得られなかった人も薄毛進行を止めるといった効果が得られる場合があります。 5αリダクターゼ1型にも効果、プロペシアよりも強力 AGAを体の内側から改善させる医薬品として広く使われているのが、プロペシアです。 プロペシアは日本だけではなく、世界中で使われている発毛効果を得ることが出来ると期待されるものです。 個人差はあるものの、1年程度継続して服用し続けることで、効果を得ることが出来るとされています。 しかし、中にはプロペシアを服用しても効果を実感することが出来ないという人もいます。 そのような人におすすめなのがアボダートです。 そもそもAGAの原因は男性ホルモンと5α-還元酵素という酵素が結び付き発生するジヒドロテストステロンというものです。 5α-還元酵素には1型と2型がありますが、発生する頭皮の場所に違いがあります。 1型は側頭部と後頭部、2型は前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に発生するものです。 プロペシアには2型5α-還元酵素を抑える効果はありますが、1型については作用しないという欠点がありました。 しかし、アボダートであれば1型・2型5α-還元酵素に作用し、発生を抑えることが出来ますので、プロペシアよりも高い発毛効果を得ることが出来ます。 ある調査・研究によるとその効果は約1.5倍という結果であったと報告されています。 プロペシアをはじめとする様々な治療を受けても効果を得ることが出来なかったという人は使用を検討してみても良いでしょう。 なお、日本では前立腺肥大の治療薬としての承認を受けており、その時の名前はアボルブです。 あくまでも前立腺肥大の治療薬ですので、薄毛や抜け毛、育毛を目的とした治療では処方はされません。 アボダートの有効成分であるデュタステリドが含まれている治療薬として、ザガーロやアボルブがあり、AGA治療にはザガーロが処方されます。 医師の診察が必要ですので、薬局などでは購入することが出来ませんので、注意が必要でしょう。

2019年08月14日